読書の技法 これから本を読んでいくために本を読み方を学ぶ

  • Feedly
今回は書評ということで佐藤優さんの読書の技法について記載します。
私以外にも多くの方が思っていると思うのですが、読書をしてもすぐに忘れてしまう
ということに対して自らの回答とするために読んでみました。

 

今回読んで感じたことは以下のとおりです

 

「何をしないか」「何を読まないか」も大切な知の技法のひとつ
→すべての本を読むことはできない

 

基本書は、最低3回読む。第1回目は線を引きながらの通読、第2回目はノートに重要箇所の抜き書き、そして最後に再度通読する。  第1回目の通読を漫然と行ってはならない。実はいい加減な仮読みのような手法で一度本を読んでしまうと、その後、重要事項がきちんと頭に入らなくなってしまう。
→基本知識を付ける本については熟読をする必要がある。一般的には一ヶ月に4,5冊しか熟読できない。

 

読者自身の評価をノートに記すことが記憶を定着させ、理解を深めるコツである。要は写本を作ることが目的ではなく、理解するために抜き書きをするという原点を忘れないことだ。
→自分の知識とするために読書ノートを作成する必要がある

 

本を読み終えてしばらく経つと、何が書いてあったかということの記憶が薄れてしまう。いかによい内容の本を読んでも、その内容が記憶に定着せず、必要なときに引き出せなければ意味がない。いざというときに役立たない知識など、いくら詰め込んでも無駄だ。  この点を改善するには、読書後30分かけて補強作業をするとよい。  線で囲んだ部分をノートに書き写し、その下に簡単なコメントを走り書きするのだ。これだけで記憶への定着がまったく変わってくる
→上記と同じで読書ノートを作成することにより自己の知識とする

 

読み方には超速読、速読、熟読の3種類がある。
超速読は5分程度で一般書や学術書を読む
速読は30分程度で読み、残り30分程度で読書ノートを作成する

 

超速読で
1.熟読の必要がある
2.速読の対象にして読書ノート作成するもの
3.速読の対象にするが、読書ノートを作成しないもの
4.超速読で終わりにするもの
に分ける

 

普通の速読の場合は完璧主義を捨てて、目的意識を明確にする。
必要にする情報を明確にして読む

 

今後やっていくこと。

 

購入した本をメディアマーカーに登録する。
超速読で読む。1.2の本だけを手元に残して余分なものを捨てる。
1ヶ月の読書量を増やす。
この読書法を続けていくことで自らの読書量を増やしていきたいと思います。

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします