セミナーの懇親会で気づきをもらいました

セミナーの懇親会で気づきをもらいました

セミナーに参加するわけ

ブログにも書いているが、最近セミナーに出る話題が多い。
私自身セミナーに行くのが好きであるし、一人で知らない人と会うことにも抵抗がない。

セミナーに出て講師の話を聞き学ぶことが第一の目的であるが、それ以外にも
セミナー参加者の方と交流し色々な考えを聞くことが好きだ。

上記のこともあり、私はセミナー参加者の方と交流するとき聞き役になることが多い。

心に残った言葉とは

先日ツナゲルアカデミー2期第1講の後の懇親会である参加者の方が言ったことが印象的だった。
その言葉とは 「みんな立花岳志になろうとした、だけど無理だった」 という言葉です。

立花岳志さんというのは、作家・プロフェッショナル ブロガーでツナゲルアカデミーを主催されている方です。
立花さんは30代後半までにサラリーマンをしていましたが、人生を変えたいということでブログを書き始め、現在はフリーで活動をされてます。

わたし自身の気づき

今回気づいたことですが、自分自身無意識のうちに立花さんを目指していたことに気づきました。
ブログで書かれている方法や、アプリを試して自己満足しているところがありました。

わたしがセミナーに参加したきっかけを考えてみると

  • セミナー講師から多くのことを学びたい
  • 参加者の方と交流をして、色々な話を聞きたい
  • 自分の個性、他人との違いというものを気づき生かしていきたい

というものでした。

講師の方のコピーになるのではなく、自分自身の個性、やりたいことを伸ばしていくために主体的に物事を考え、行動をしていきたいと思いました。

The following two tabs change content below.
サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。 iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。 サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。
広告