金持ち父さんの6つの教えを考える

  • Feedly

私は現在サラリーマンをしながら投資をしている。
投資をするきっかけとなったのは以下の本である。(私が読んだのは改訂版ではないが。)

こちらの本では6つの教えというものがある
最近この本を読み直したが、自分の中で忘れていた部分があったため、忘備録も兼ねてブログに記載したいと思う。

6つの教えとは

金持ちはお金のためには働かない
お金の流れの読み方を学ぶ
自分のビジネスを持つ
会社を作って節税する
金持ちはお金を作り出す
お金のためではなく学ぶために働く

以上の6つです。最近自分の行動を見直していると仕事に対する姿勢について再度考えるべきところがあった。
特に一番上と一番下についてである。

会社で働くことについて考える

最近は自分の行う業務が代わり、それなりにやりがいもある。
ただ、自分の所得を見るとやりきれない部分があり今の会社に対して不満もある。
所得が低く転職を考えていることもある。

このことを6つの教えに照らし合わせて考えてみると自分自身がお金のために働いているのではないかと気づいた。
仕事をする目的は学ぶために働くことであると考え直してみると、現在の職場でもまだまだ学ぶべきことはたくさんあるのではないかと思う。

お金も大切であるが、より多くのことを学ぶために働くという気持ちを持って働くことが大切と感じた。

資産形成についても現在ブログに書こうと思ってもなかなか書けずここまで来てしまった。
自分で学んだことをよりアウトプットできるよう行動していくことが大切と思った。

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします