【書評】デスマーチに追われるIT技術者が勉強せずに英語力を身につけてキャリアアップした方法By鈴木信貴

  • Feedly

サトエヴォです。英語の勉強を始めてから約半年たちましたが、最近サボり気味です。本日は気分転換のつもりで読んだのですが気づきのあった本を紹介します。

勉強せずに英語力を身につける

こちらの本ですが通り月に残業150時間だった著者がTOEIC900点以上を取った方法がかかれている本です。勉強をせずにと書かれていたので実際どのようなことをすればよいかということを参考にするために本を読みました。

普段の生活の中で英語に触れることが大切

この本で書かれていることを一言でまとめると普段の生活の中で英語に触れる機会を増やしましょう。という内容がかかれています。具体的な内容は普段見るTVや本、ウエブサイト等を少しずつ日本語から英語に変えていきましょうという内容です。

例えば普段見るニュース番組を英語のニュース番組に変えるであったり、趣味のウエブページを英語のものに変更しましょうと行ったことです。

やっぱり最後は習慣化

この本で書かれている英語の勉強を続かない理由については2つ挙げられており

  1. 英語の取り組みが収監されていない
  2. 英語への取り組みに興味を持てず、飽きて続けられない

上記の理由のために続けられないと書かれています。英語について少しづつ、興味の持てる分野を学んでいけばできるようになるということを作者は言いたいと理解しました。

好きなことを習慣化していくことやっていきます

あまり興味の持てないことを一生懸命続けようとしても継続は難しいということは理解しました。英語についても同じで興味の持てることを英語で長くできるようになれば自然とできるようになるのではないかと思いました。今までの参考書を使う勉強からシフトさせていきたいと思います。

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします