休み方改革が始まった

休み方改革が始まった

サトエヴォです。最近働き方改革という言葉をよく聞くが、日経新聞の記事で「休み方改革」という記事を見つけたのでブログに書いていきたいと思います。

休み方改革とは

休み方改革とは従業員が休みやすい環境をつくることである。目的は人手不足が深刻化する中、優秀な人材の確保のためには環境整備が必要という判断から企業が実施しているらしい。

日本の有給消化率は世界的にみて低い水準にあり、有休が取りやすい企業=優秀な人材の確保という図式で各企業で勧めているらしい。

休み方改革と働き方改革の違い

休み方改革という言葉が出てきたとき、働き方改革との違いは何だろうと思って調べてみたところ違いがあるということがわかりました。

休み方改革

ワーク・ライフ・バランスの推進及び生産性向上の観点と地域活性化の観点から休み方を見直す目的

働き方改革

労働生産性の向上及び長時間労働の是正、柔軟な働き方を浸透させることが目的

休み方改革としてやっていること

実際に休み方改革ということは内閣府でも実施しておりワーキンググループを作成して会議を実施しています。

結局は働く人の意識が大切

上記のように休み方改革も進んでいるが、結局大切なことは働く人の意識ではないかと思う。私の職場でも仕事中に喫煙に行って帰ってこなかったり、夜遅くなってから仕事を始めて夜中まで仕事をしているような人がいる。

実施している本人は仕事をたくさんしているように思っているかもしれないが、実際の生産性は低いと思われる。今回の休み方改革を実現するためには働く方一人ひとりが意識をすることが大切ではないかと思う。

The following two tabs change content below.
サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。 iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。 サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。
広告

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)