早起きを復活させて1週間〜今回は習慣化を意識しています

  • Feedly

先週より再度早起きを復活させています。現在1週間経過したのですが今のところ安定して習慣化できています。

今回習慣化するにあたり実施したことを幾つかブログに書いてみたいと思います。

寝る時間を決めた

今回早起きするにあたり一番大切だと思ったことは寝る時間を決めたことと思います。

今まで早起きをするときは、起きる時間を決めて必ず守るというスタイルでした。

今回は寝る時間をしっかりと決めて、起きる時間は朝4時代に起きるという形で決めています。

具体的な時間でいうとどんなに遅くても23時までにはベットに入って目を閉じることを続けています。

目覚ましはかけて寝ているのですが、一週間続けて目覚ましで起きたのは1日だけです。

人により差はあると思いますが、私にはこの方法があっている気がします。

起きた後にやることを決めた

こちらも今まで早起きをしていたときには、朝起きてから考えると言うかたちにしていました。

今回は、寝る前に次の日の朝起きたら何をやるか決めています。

現在は英語の勉強(TOEICの勉強)をしているのですが、次の日に問題集をどこまでやるか等を決定して次の朝起きたら行うようにしています。

今のところは毎日順調に問題集をこなすことができています。TOEICについても目標を決め5月のTOEICを目標にしています。

自分を振り返る時間をつくった

今までは一人で自分に向き合う時間を持つことができていない状態でした。そのために自分が何をやりたいかはっきりとしないことが多い気がしました。

今回は早起きをして、早く家をでて毎朝通勤途中の喫茶店に入りモーニングを食べながら自分を振り返る時間をとるようにしました。

実際今も、モーニングを食べながら喫茶店でブログを書いています。まだはじめて1週間なので目に見えた変化はないですが、毎日が充実している気分がします。

まとめ

一つ一つは小さな習慣化なのかもしれないですが、今まで何度やってもうまく行かなかった習慣化が少しづつですがうまくできるようになってきました。

ここから再度人生が変化するように毎日続けていきたいと思います。

習慣化の本はこちらがおすすめです。

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします