ほとんどの社員が17時に帰る10年連続右肩上がりの会社By岩崎裕美子

  • Feedly

今回この本を読んだ理由は、今働いている会社が残業が当たり前で業績もあまり良くない状況です。

ほとんどの社員が17時に帰り、10年連続右肩上がりで成長していく会社というのはどのような会社なのか興味を持ちこの本を読むことにしました。

長時間働くことが頑張っている?

私の働いている会社もそうですが、遅くまで残業をしている人が頑張っていると評価されています。

ただ、この本にも書いてありますが夜遅くまで働いて売上を上げても、将来がどの様になるかわからない。ビジョンが無いとなった場合は従業員が疲弊してしまう。

疲弊した結果社員がやめてしまい、新しく入った社員が長時間労働をしなければならないという悪い循環を生み出してしまう。

このようなことをなくすためには何をしなければならないのかということが書かれています。

自分しかできない仕事に集中する

こちらの本で書かれていたことの一つですが、今自分でやっていることで他の人がやっても同じアウトプットが出るものについてはアウトソーシングすることが大切ということです。

アウトソーシングをして生まれた時間を自分しかできない仕事、つまり考える仕事に集中することにより多くの価値を生み出していこうという考えです。

私もそうですが、長時間働いたということで実際の労働の中身を見てみると誰でもできる作業というものがある程度の時間を占めていると思います。

このような時間をアウトソーシングして、自分だけしかできないことをやり新しい価値を生み出していくということが大切であるということが理解できました。

社員がイキイキ働く環境であることが大切

また作者の会社では残業がなく、福利厚生もかなり整っていたのに働いている人たちはとてもつらそうだったということも書かれています。

作者の方は社長として従業員にいろいろと働きやすい環境を作ってあげたのになぜ会社が暗いのかということを振り返ってみるといくつか問題があることに気づいたそうです。

イキイキと働ける会社にするためには、まず会社の「価値観」(ポリシー)を決めて働いている人たちの中で共有しなければならない。

そして価値を共有した仲間が働いている頑張りをみとめ、成長させることに力を注ぐ必要があるということです。

また、成長する過程で社員の声を本気で聞き従業員とともに歩んでいくことが大切であるということが書かれていました。

会社のことは社長が決めるというワンマン経営では、一時的には業績も上向くこともあるかもしれないが、長期的には社員のやる気を削ぎ会社が駄目になっていくということも書かれていました。

まとめ

今回読んだ本は、女性経営者の方が今まで長時間残業が当たり前という世界で生きていた方が自分で会社を作り経営していく上での経験が書かれていた本です。

今働いている会社の状況と見比べてみても参考になることが多くありました。

個人のことに置き換えても理念をしっかりと持ち、他人の話をしっかりと聞くことが大切であることが理解できました。

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします