メモを書くことの大切さ

サトエヴォです。自分の私生活や仕事の中でいろいろと覚えておかなければならないことがあると思います。今回はメモを書くことの大切さについて思ったことを書きます。

頭のなかで全て覚えておくことはできない

私個人はあまりメモを取ることがうまくないと自分の中で思っています。面倒くさいこともありメモを取ることがあまり好きではないです。そのためですが時々お願いされたことを忘れたり、締め切りを過ぎてしまったりということがあります。人間ですので、忘れることがあるのは当然ですが何でもメモに取るという習慣はありませんでした。

メモする目的を考えてみる

メモを取るということの目的を考えてみると、一般的に考えられていることは忘れてはいけないことを書いておき見直すことと思います。
しかし、忘れないようにすることだけではなく、新しく思いついたことを書き留めることであったり自分のなりたい姿ややりたいことを書くことを続けることもメモを取る大切な目的であると思いました。

今後は少しづつでもメモを取っていくようにしたいと思っています。

新しいアイデアを生み出すため、なりたい姿を明確にするためにメモを取って行きたいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします