メモを書くことの大切さ

サトエヴォです。自分の私生活や仕事の中でいろいろと覚えておかなければならないことがあると思います。今回はメモを書くことの大切さについて思ったことを書きます。

頭のなかで全て覚えておくことはできない

私個人はあまりメモを取ることがうまくないと自分の中で思っています。面倒くさいこともありメモを取ることがあまり好きではないです。そのためですが時々お願いされたことを忘れたり、締め切りを過ぎてしまったりということがあります。人間ですので、忘れることがあるのは当然ですが何でもメモに取るという習慣はありませんでした。

メモする目的を考えてみる

メモを取るということの目的を考えてみると、一般的に考えられていることは忘れてはいけないことを書いておき見直すことと思います。
しかし、忘れないようにすることだけではなく、新しく思いついたことを書き留めることであったり自分のなりたい姿ややりたいことを書くことを続けることもメモを取る大切な目的であると思いました。

今後は少しづつでもメモを取っていくようにしたいと思っています。

新しいアイデアを生み出すため、なりたい姿を明確にするためにメモを取って行きたいと思います。

広告

この記事を書いた人

ツヨポン

残業続きの毎日で定年まで働き続けると考えると嫌になってブログを始める。

ブログを書き始めてから多くのブロガーと出会い新しい価値観を知ることができました。10年間働いていた会社をやめ、今は転職をして時間に余裕を持ちながら好きなことをして暮らしています。

読者の方に楽しんでいただけるようなブログにしていきたいです。