【書評】1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

サトエヴォです。
本日はひとり会議の教科書という本を読みましたので書評を書きたいと思います。

ひとり会議とは

ひとり会議とは以下のように勧めていくことです。

  1. いま直面している問題をすべて書き出す。
  2. それぞれ「どうなればいいか?」という質問の形へかえる
  3. 「そうすればどうなるか」という質問の形へ変える
  4. それぞれの答えを「○○」するというTO DOの形にしてスケジュール帳に書き込む

これらのことをやると多くのメリットが出てきます。

メリットとは?

メリットについては以下のとおりです。

  • 今やることがはっきりする
  • やらなければいけないこと→やりたいことへ変化していく
  • 複数の問題がスッキリする
  • アイデア、解決法が生まれる

とりあえずひとり会議を始めてみたいと思います

今回この本を読んでまずはひとり会議をしばらく続けてみようと思いました。

広告

この記事を書いた人

ツヨポン

残業続きの毎日で定年まで働き続けると考えると嫌になってブログを始める。

ブログを書き始めてから多くのブロガーと出会い新しい価値観を知ることができました。10年間働いていた会社をやめ、今は転職をして時間に余裕を持ちながら好きなことをして暮らしています。

読者の方に楽しんでいただけるようなブログにしていきたいです。