【書評】1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

  • Feedly

サトエヴォです。
本日はひとり会議の教科書という本を読みましたので書評を書きたいと思います。

ひとり会議とは

ひとり会議とは以下のように勧めていくことです。

  1. いま直面している問題をすべて書き出す。
  2. それぞれ「どうなればいいか?」という質問の形へかえる
  3. 「そうすればどうなるか」という質問の形へ変える
  4. それぞれの答えを「○○」するというTO DOの形にしてスケジュール帳に書き込む

これらのことをやると多くのメリットが出てきます。

メリットとは?

メリットについては以下のとおりです。

  • 今やることがはっきりする
  • やらなければいけないこと→やりたいことへ変化していく
  • 複数の問題がスッキリする
  • アイデア、解決法が生まれる

とりあえずひとり会議を始めてみたいと思います

今回この本を読んでまずはひとり会議をしばらく続けてみようと思いました。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします