【書評】自分を変える習慣力By三浦将

サトエヴォです。
久々の書評を書きたいと思います。今回は自分を変える習慣力という本について書いてみたいと思います。

あなたの潜在意識を味方につけることが大切

今回の本ですが、表紙の「この本を読んで、毎日5時起きを始めた。すると、食生活や働き方、体型、お金の使い方すべてが変わった。」この言葉をみて購入してみました。この本に記載されている潜在意識という言葉について再度確認をしてみました。こちらの本では潜在意識の特性を理解し、潜在意識の抵抗を受けない状態にし、更には潜在意識を味方につけて習慣化を進めていく方法について記載されています。

今の難しい状況を打破するには

今の難しい状況を根本から打破するには、たったひとつの習慣を始めることにより可能になると本には記載されています。たった一つの習慣を見つけるために大切なことは本当に自分のやりたいことを探すということです。自分の本当にやりたいことを見つけスイッチとなる習慣を1つ見つけ、それを習慣化することにより人生が変化するとこの本には書かれています。習慣化した状態というのは無意識でやっているというレベルまで持っていく流れを作ることが大切であると記載されています。「やっている」「知っている」には雲泥の差が有り、いくら知っていてもやっていなければ全く意味がないのです。

習慣化するためには

実際に習慣化するためには頑張らない、無理しない、それでいて日々粛々とやることをやるということが大切であると書かれています。一つのことを習慣化するために大切なことは「成果をあげること」ではなく「定着させること」が大切であると書かれています。まず初めに習慣化しようとしていることを無意識レベルでできるようになるまで粛々と続けていくことが大切であると書かれています。

人生はすぐには変わらない

自分の夢をつかむということは一気にはできない。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになってくる。
特別なことをするために、普段通り当たり前のことをすることが大事である。コツコツと習慣化していくことにより夢が叶う。習慣は才能を超えるものである。
この本を読んで印象に残った部分です。私も習慣化していることがあるのですが、結果を気にしすぎていたということに気づきました。目先の結果にこだわるだけでなく、小さな変化を起こし、そこから大きな変化になるまで粛々と習慣化をすることが大切であるということを改めて気付かされた一冊でした。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします