【書評】神・時間術By樺沢紫苑

サトエヴォです。
今回は時間術の本を読んでの感想ということで神・時間術という本を読んだ感想をブログにアップします。
樺沢紫苑さんは精神科医で作家であり、メルマガやYoutube動画の投稿等様々な分野で活躍されている方です。
今回は神・時間術に書かれている内容の中から印象に残ったことを書きたいと思います。

大切なことは睡眠と運動です

今回この本で書かれていることを一文で表すと、「大切なことは睡眠と運動です」ということができると思います。
睡眠についても今の日本人のサラリーマンはあまり寝ていないという統計がありますが、この本では睡眠は7時間以上を推奨しています。
睡眠時間が短いということにより、自分の能力を100%活かすことができないためです。
ベストなパフォーマンスを出すためにはしっかりと睡眠時間を確保することが大切であると書かれています。
また、運動を実施することも大切であると書かれています。30分程度の有酸素運動をすることによって、その直後から学習機能や記憶能力、モチベーションがアップします。
運動を定期的にすることにより脳にあるシナプスのネットワークが増え頭が良くなるということも証明されています。

朝の時間を活用することも大切

また、こちらの本で書かれていることについてですが、一番生産的になれる時間は朝起きてからの時間であり、その時間にクリエイティブな活動をすることが多くの成果を生み出すことができるようになるコツであると書かれています。

まとめ

今回私が印象に残ったことは上記のことですが、朝以外の時間の活用方法であったり自己投資であったりとためになることが多く書かれていました。私の場合は睡眠時間の確保と朝時間の活用をまずは実施していきたいと思いました。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします