【書評】お金持ちの教科書 どうしたらお金持ちになれるのか

  • Feedly

お金持ちの教科書とはどのようなものなのか?

今回は本の題名に惹かれてつい読んでしまいました。
本の内容についてですが、基本的にお金持ちの思考方法について書いてあり参考になりました。

この本でのお金持ちの定義とは?

お金持ちとそうでない人を分けるおおよその分岐点は、資産ベースでは3億円、年収ベースでは3000万円ということだそうです。年収3000万円というと、普通のサラリーマンではまず達成不可能な数字と思います。また、5000万円を境に、お金に対する価値観が大きく変わってくることが多いということに興味を持ちました。

お金持ちの考え方とは?

どれだけお金を持っていても必要のないと感じたものにはお金を使わない。
自分の目で確かめ、自分で定めた基準に合わないと絶対にモノを買わない。
これは多くのお金持ちに共通のポリシーだ。
お金持ちはお金を使うことについても自分の基準をしっかりと持っている。
自分の軸をしっかりと持つことが大切。

お金持ちになるために必要なものとは?

複合的な処理を得意とする人が多い。
様々な案件について同時並行的に処理しなければならない。
人と違うことにチャレンジする必要がある。
ただがむしゃらに働くだけでは、お金持ちになることはできない。
お金持ちになるための最短コースは、やはりお金を儲けるための仕組みを作り出すことである
身の回りにいる一般的な年配者のアドバイスは、なるべく聞かないほうがよい
お金持ちになろうと思う人は、とにかくどのような形態でもよいから、できるだけ「使う側」に回る手立てを考えなければならない。
上記に書いてあることより、サラリーマンとなりコツコツと真面目に働いても決してお金持ちにはなれない。
自分でビジネスを起こし、自分の好きなことをやることが結局はお金持ちとなるコツなのではないかと思った

はじめの一歩として必要なこと

理想的には、やはり1000万円という金額を目標にするのが望ましい。もしそれが難しいようなら、とりあえずは300万円だ。300万円あれば、どのようなビジネス形態であれ、投資形態であれ、最低限のスタートを切ることができる。決まった金額を貯めるのは誰でもできる。ただ本人の意思が必要で、毎月決まった額を預金に回せば確実にたまる。

今回感じたこと

今回感じたことは、サラリーマンとして一生懸命365日働いたとしても大して金持ちになれるわけでない。
自ら考え、仕組みを作り出すことが大切

実際私たちが自分の考えをしっかりと持ち、上司の質問についても的確に答えていきたいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします