サラリーマン長期連休の過ごし方〜自分を見つめ直す良い機会です

現在世の中はゴールデンウイークとなっています。私の会社も9連休の休みが有ります。

今までの連休ですが家族サービスということで、旅行や買物に行くことが多かったのですが、今年は少し過ごし方を変えてみました。

今年は旅行も買い物もせずに基本的には家にこもっての生活でした

私の場合は通常ゴールデンウイークといえば先程記載したように旅行や買物に行くことが多かったです。

ただ旅行や買い物に行くと、新しいものや経験が増えて今までのものが整理できないままに通常の生活に戻ることの繰り返しでした。

ただ最近受講が終わったTLIベーシックの影響もあり自分を見直す時間がほしいと思い、家族にお願いをして子供のイベント以外は自宅にこもって自分自身を見直す時間を取りました。

久々に自分自身を見直す時間をたっぷり取って気づきが多く有りましたので、忘備録とともに読者の方にもシェアしたいと思いブログに書きます。

断捨離を更に進めることによって今までいらないものに囲まれていることに気づく

まずは今まで少しづつ進めていた断捨離を時間を取って実施しました。

連休終わりに近づきまだ完全ではないのですが、自分の周りのものを整理することにより多くの気付きが有りました。

持っていたのに気づかなかったものがたくさんあった

断捨離をやることにより、持っていたが気づかなかったもの、再度購入しようとしたもので発見したものがたくさんありました。

具体的にいうと、財布や本、パソコンの周辺機器等です。もの以外でびっくりしたものは現金が数万円断捨離中に出てきたのにはびっくりしました。

実際は満ち足りていたのですが、自分の中今まではものが足らないと思いこんでいたことを実感しています。

本を整理していると自分の興味の持っている分野、好きなものがはっきりとわかった

今回は本や雑誌の処分も進めていましたが、その中で自分の持っている本を見直していると自分の興味の持っているものがはっきりとしてきました。

私の持っている本で多いものは株式、FX、不動産等投資に関するもの、時間管理に関するものが多かったです。

知識的には十分あると思うのですが実践ができていないことが多いことに改めて気づきました。

まとめ

今回連休中に気づいたことですが、やはりものや知識は十分に今あるもので満ち足りている。あとはいらないもの、不要なものを見つけ捨てていくことが大切と思いました。

何度も何度も失敗をしてきたのですが、成功するまで続けることが大切という成功者の言葉を信じて人生を生きていきたいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします