預金と貯金の違い〜以外に知らない人が多いのだ

今回は預金と貯金の違いについてブログを書きたいと思います。

きっかけはあるTV番組でした

この記事を書くきっかけですが、あるTV番組で預金と貯金の違いは何でしょうか?という問いから始まりました。

自分の中では当然わかっているだろうと思っていたことが、世の中の人はあまり知らないことがあるのだと逆にびっくりしました。

結局はどこが違うのか?

預金と貯金の違いですが、簡単に言うと預けるところの違いです。

銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫にお金を預けると「預金」

ゆうちょ銀行、JAバンク(農業共同組合)、JFマリンバンク(漁業共同組合)にお金を預けると「貯金」

となります。

郵便局と銀行とでは成り立ちが異なっていたり、運用の方法が異なっていたために預けたお金の呼び方も異なっていたということです。

まとめ

結構細かいことですが、ちょっとした豆知識として覚えておくと良いかもしれないです。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします