「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェアNo.1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」By佐々木大輔

いつも時間がないと思っている人が多いと思う。私もそうですが、忙しい時が続くと何もできなくなってしまう傾向が強い。

今回はクラウド会計ソフトfreeeの開発者である佐々木大輔さんの著書を読んで時間の使い方を再度考えてみようと思った。

何事も3ヶ月単位で考えることが大切

今回の3ヶ月単位というのは著者がグーグルで働いていたときから自然と意識をしていた単位だという。
3ヶ月の根拠としては

  • 「じゃ、やろう」と高い関心を保ちながら楽しく取り組める期間としてちょうどいい
  • 1つのテーマに向き合って取り組むことで面白さを発見したり知識や理解を深めることができる期間としてちょうどいい
    である。

ただ3ヶ月ひたすら決まったテーマにぼっとするだけではだめである。

まずは「やらなければならないこと」に追われる毎日から抜け出し、まず時間を作ってやってみるしかない。

生産性は「時間の使い方」の巧拙で圧倒的な個人差が生まれつつあり、やらないことをしっかりと決めることが大切である。

エリートビジネスマンと言われる人たちはプライベートや家族との時間をとても大切にしており、必ずしも長時間働いているわけではない。

世の中の流れじたいが限りある時間をどのように利用して成果を出していくかという流れに変化している。

3ヶ月に一つのテーマに絞り、自分の時間を作り出し成果を出していくことがこれからの時代では大切ではないかと思う。

天才でなくてもイノベーションは起こせる

現在の世の中ではイノベーションを起こすことが大切であるとよく言われている。

ただどのようにすればイノベーションを起こすことができるのか、普通の人間がどのようにすればイノベーションを起こせるのかを考えることがある。

この本では、普通の人間であってもイノベーションを起こすことは可能であると書かれている。

イノベーションというのは既存にあるシンプルな組み合わせから生まれている。

イノベーションを起こすときに大切なことは、スピーディに行動して、まず何か成果を出すこと。そして自分の発想の枠を広く持つことが大切であると書かれている。

どのようになれば理想的な状態になるのだろう、理想的な状態になるためには何が必要だろうと考えることが大切である。

理想を軸にして考える癖を付けていけば、発送の幅を広く持って考えていくことが可能ではないのかと書かれている。

自ら理想について深く追求し続ける姿勢が大切ではないかと思う。

目標設定の考え方

こちらの本については目標設定の考え方についても具体的に記載されている。

いちばん大切なのは自分でコントロールできる部分での目標を立てるということである。

例えばTOEICのテストであっても3ヶ月後に600点を取るという目標ではなく、3ヶ月後にテキストを3冊やるというような目標を作ることが大切と書かれている。

目標というものは「何を」、「どのくらい」取り組めば良いのかを明確にして、毎日管理していくことが大切であるということである。

思考するためのまとまった時間を取ることが必要

前の段落で明確な目標を作ることが大切であると書いてあるが、こちらを実施するためにはある程度まとまった時間をとって考えることが必要である。

こちらの本で書かれていることはまず3時間周りから邪魔が入らない時間作りしっかりと思考することが大切であると書かれている。

思考するためのまとまった時間もしっかりとスケジュールに入れて置くことが大切である。

そうでなければ目の前のことをひたすら片付けることに追われてしまい、本当に大切なことを行う時間を取れないからだ。

一人で思考する時間をしっかりとスケジュール化することにより、今後の成果がどのように出るかも大きく変化するのだと思う。

まとめ

今回この本を読んで、物事の考え方や進め方を再確認することができたと思う。

自分自身も今やらなければならないことに追われ続け、重要なことやりたいことに手がつかない人生が続いていた気がする。

限られた時間を有効に活用して、本質に迫ることを行っていくことが自分の成長のためにも必要であると思った。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします