リーマンショックを経験してから考え直した〜資産運用3つの考え方

社会人になってから今までいろいろな投資を経験してきました。

現在アラフォーからアラフィフになっていくに当たり、自分自身で考えている資産運用の考え方をブログに書きたいと思います。

リーマンショックを経験してから考え直した〜資産運用3つの考え方

まずは自分自身で理解できるものに投資をする

自分の中で一番大切と思うことは、自分自身で理解できるものに対して投資をするということです。

世の中にはいろいろな儲け話があります。投資においては自分のお金を使って投資するので購入するものがどのようなものなのかをしっかりと理解する必要があると思います。

私も以前は雑誌やネットで見た株が儲かりそうだからと思っただけで購入したこともありました。個別の株が購入できる1単位あたり何十万円、何百万円するものなのに内容がわからないというのはどうでしょうか?

例えば、パソコンやスマホを買おうと思っている時には、どのようなスペックが必要なのか、OSは何にすればよいのかなどいろいろと悩むと思います。

パソコンやスマホの購入時には悩むのに、それ以上高額な株などを買うときには雑誌やネットでおすすめだからという理由だけで買うのは危険と思います。

できるだけ手間をかけないような投資を心がける

一般的なサラリーマンの方で考えた場合毎日投資にかけることができる時間はどのくらいあるでしょうか?

私は投資を始めたときは毎日相場が気になって仕事中に株価や為替の動きを確認していました。ただ、そのようなことをしていると当然仕事に支障をきたすことになります。

また、一部の天才以外は相場を見続けて投資をしたからと行って大きく儲かるわけではありません。

サラリーマンの本業に支障をきたすことがない程度の時間で投資をできる方法を考える必要があると思っています。

できるだけ多くのものに分散投資をする

私自身は天才でもないですし、未来がどうなるか予想することもできないと思っています。

ただ、世界の人口は現在も増え続けており経済も拡大をし続けています。実際に中国の例を見るとわかるのですが、以前は発展途上国としてみられていたのですが2019年現在では世界第2位の経済大国となっています。

日本だけを見れば少子高齢化が進み経済が縮小していくのかもしれないですが、世界的にはまだまだ経済が拡大していくと思います。ただ世界のどこで何が拡大していくのかはわかりません。

そのために、できるだけいろいろなものに投資をすることにより世界の経済成長と同等に自分の資産も増やしていくために分散投資を勧めていきたいと思っています。

まとめ

今まで投資をしてきて思ったことは、何もしないで簡単に資産を増やすことは難しいということです。

資産運用をするのならば、自分の投資するものについてしっかりと勉強して理解した上で投資することが大切だと思います。

このブログでは、私の実際に試したことや投資していることに対してブログを書いていきたいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。