東京マラソン2019〜ついに本番、雨の中のレース

2019年3月3日ついに東京マラソン2019本番を迎えました。

東京マラソン2019〜ついに本番、雨の中のレース

当日は雨だった

本番当日は朝から雨でとても寒い日でした。私自身雨の日のレースが初めてということもあり緊張した中スタートラインに付きました。

実際にスタートしたのは30分後

私はマラソン初挑戦ということもあり、スタートは当然最後尾からのスタート。実際にスタートラインに到着したのは実際のレースが始まってから30分過ぎてから体が冷え切っていましたので初めはスローペースでのスタート

10キロほど走って体が温まりとりあえずペースを維持しながらランニングしていましたが水分補給をしすぎたのか途中でトイレに行きたくなり半分を過ぎたところでトイレ休憩。

走っている途中にトイレはいくつかあったがどこも行列ができていました。特にレース当日は雨が降っていたこともあり待っている間にまた体が冷めてしまいました。

トイレ休憩後は再度10キロほど体を温めながら走り、30キロ地点を通過、一か月前に30キロを走ってその時はこれ以上無理と思っていたのですが、東京マラソンの当日は多くの方の応援もあり30キロを通過してもペースが落ちることなく走ることができました。

今回は初めてのマラソンでしたが無事完走がでしました。タイムも当初目標としていた6時間よりも約30分早い5時間半でゴール出来ました。

実際に走って感じたこと

今回実際に雨の中初めて走って感じたことは雨対策はしっかりしておいた方が良いということと、実際に走る距離は42.195キロではないということです。

東京マラソンの当日は雨でした。私自身雨の中でのレースは初めてということもあり、とりあえず雨に濡れないようにポンチョを着ていましたが、結局ゴールまで来たまま走りました。

当日は雨が降っていて気温も低くて寒かったのですが、ポンチョを着ていたこともあり濡れなかったことでなんとかフルマラソンを走り切ることができました。

また、実際に走る距離についてですが実際私自身が走りきったときも43.77キロ走ったことになっていました。確かに今年は38000人も走った大会でありずっと真っ直ぐ走れるわけではなく蛇行しながら走ることになると思います。

フルマラソンでは1キロから2キロ多く走るということを記憶しておくべきだと思います。

まとめ

いろいろな苦労はありましたが今回はなんとか完走できました。次回以降は自己記録を更新できるようにしていきたいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。