2019J1 第四節 サガン鳥栖戦

2019J1 第四節 サガン鳥栖戦

前節は今シーズン初の敗戦。大南選手の退場で10人での戦いとなり厳しい試合でしたが、
今回は過去3年間負けがなく、開幕3連敗のサガン鳥栖戦でした。

今回はDAZNで観戦

今回はサガン鳥栖のホームということで自宅から遠いためDAZNで観戦。

2019J1第四節ジュビロ磐田のスタメン

今回のスタメンは以下の通り


今回は田口選手が初スタメンまた、高橋選手がスタメン復帰

試合内容について

今回のダイジェスト版は以下の通り

まとめ

今回の試合はサガン鳥栖がトーレスの負傷退場や高橋選手の退場等、不運なところがあったがチーム一丸となって勝ち取った勝利と思います。

今回の敗戦をみて、思ったことはどうやったら点が入るのだろうということです。

昨年も得点力不足だったのですが、今年度も今のところ得点力不足。

この試合に関しては得点が入る気配もない状態。戦術についても、ショートパスで崩していきたいのかロングパスでポストプレーをしたいのか、サイド攻撃をしたいのか明確な意図がないような気がしました。

次の鹿島戦まで2週間あるので、何か思い切った変化をつけなければこのままJ2行き決定と思います。フロント、監督とも何か手を打ってほしいと本気で思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。