2019J1 第23節 ガンバ大阪戦

2019J1 第23節 ガンバ大阪戦

前節まで3連敗、失点は多くなったが得点は取れないという悪循環にチームは陥っています。

その上鈴木秀人監督が退任されて崖っぷちのジュビロ、今回は15位のガンバ大阪戦となります。

前回の対戦はスコアレスドローで引き分けでしたので、今回こそは勝ち点3をとってほしいと思っています。

DAZNでの観戦

今回は自宅でDAZNでの観戦となりました。

とはいえ、一度はガンバのホームスタジアムに行ってみたいとは思うのですが。

2019J1第23節ジュビロ磐田のスタメン

今回のスタメンは以下の通り

今回は久しぶりの4バック、大南選手とファビオ選手がCBのスタメン。中盤の選手も大きく入れ替えしています

試合内容について

今回のダイジェスト版は以下の通り

前半15分でのルキアンの退場、この暑さの中で1人少ないというのはかなり難しい状況にあったと思います。

本当は勝ち点3をほしかったのですがこの退場でゲームプランも大きく狂ってしまったのではないかと思います。

まとめ

前半15分でルキアン選手が退場して、前半終了間際に失点かなり難しい試合でした。

なんとか後半の最終プレーで中山選手がPKをとって決めてくれたことで勝ち点1を取ることができました。

今回は小林監督代行が指揮をとって4バックでの試合。久しぶりの試合だったファビオ選手も連携ミスによる失点のあったシーン以外はしっかりと守ることができていたと思います。

【磐田】新監督にスペイン人のフベーロ氏浮上…5月までセロ・ポルテーニョを指揮 – ライブドアニュース

新監督についても色々な報道で決まったようですし、残り試合勝利を続けてなんとか残留してほしいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。