2019J1 第27節 大分トリニータ戦

2019J1 第27節 大分トリニータ戦

前節の川崎フロンターレ戦、立ち上がりのチャンスを決められずいつものようにミスから失点して自滅という試合でした。

フベロ監督になってからリーグ戦3試合で得点なしの3連敗。そろそろ結果を出してほしいと思っています。

本日の相手は大分トリニータ戦。順位は上ですが今年昇格してきたチーム、なんとか勝利して奇跡の残留を信じたいと思っています。

自宅でDAZN観戦

今回は大分のホームでの試合。午前中から用事があり大分まで行くことができず自宅観戦。

ただこんな状況にも関わらず。磐田から大分まで多くのサポーターの皆さんが応援に駆けつけている姿をDAZNで見ながら息子と2人で応援していました。

2019J1第27節ジュビロ磐田のスタメン

今回のスタメンは以下の通り

今回のボランチは森谷選手と上原選手、2トップはルキアン選手と川又選手が先発、キーパーが八田選手と大きくメンバーを入れ替えました。

試合内容について

今回のダイジェスト版は以下の通り

最終ラストワンプレーの得点で勝利。天皇杯の悔しさを晴らしてくれました。

まとめ

今回は久しぶりの先制点。ルキアン選手と山本康裕選手の崩しでうまく得点が取れました。

ただその後ルキアン選手の足の状態が良くなかったからかもしれないですが、選手交代して1点を守りきろうということになったときに嫌な予感が・・・

予想通りPK(判定についてはどうかと思いますが)で同点に追いつかれて、またかと思ったときに最後劇的な決勝点。

この勝ち点3で上昇のきっかけを掴んでほしいなと思っています。選手起用についても両サイドバックについては再度選手起用を検討してほしいと思います。

次節はホームでの横浜戦。奇跡の残留に向けてしっかりと準備して挑んでほしいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。