ネット銀行のメリットとデメリットを見比べてみた

私もメインでいくつか口座を持っているのですが、ネット銀行がとても普及してきています。

実際にネット銀行とはどのようなものか、利用する上でのメリットとデメリットをブログに書いてみました。ネット銀行に口座を持ちたいなと思う方は参考にしてみてください。

ネット銀行とはどのような銀行か

ネット銀行とは、基本的にインターネット上のみでサービスの提供を行う銀行のことを言います。基本的には店舗は持たない、または最小限しかない銀行です。

ネット銀行のメリットは

ネット銀行のメリットとしては以下の点です。

  • インターネットがつながればいつでもどこでも取引が可能
  • 手数料が割安
  • 預金金利が高め
  • 通帳が不要

インターネットがつながればいつでもどこでも取引が可能

ネット銀行のメリットとして大きいものの一つとしてはインターネットがつながればいつでもどこでも取引できる点があげられます。

サラリーマンの場合平日の9時から15時に窓口に行くことができない人が多いと思うため、この点はとても便利な点であると思います。

手数料が割安

振込やATMの手数料が割安に設定されています。いくつかのネット銀行では条件を満たした場合に手数料が無料となるところもありふところに優しいです。

預金金利が高め

現在は低金利政策のため預金金利が低いですが、ネット銀行では相対的に金利が高めです。また時々キャンペーンなども行われているため注意して観察しておくことも必要です。

通帳が不要

通帳が不要でインターネットを通じて利用明細がかくにんできるため、いつでも必要なときに確認できます。また通帳紛失のリスクもなくなります。

ネット銀行のデメリットは

ネット銀行のデメリットとしては以下の点があげられます。

  • ID・パスワードを紛失した場合はログインできない
  • 時々あるシステムメンテナンス中は利用できない
  • 引き落とし口座に指定できない場合がある
  • 直接銀行員と話をして確認することができない

ID・パスワードを紛失した場合はログインできない

当然ですがID・パスワードを紛失した場合にはログインができなくなり、取引ができなくなってしまいます。

時々あるシステムメンテナンス中は利用できない

ネット銀行の場合、時々あるシステムメンテナンス中は利用できないです。ただ、一般的にはあまり使われない夜中等に実施されるためそれほど不便には思わないと思います。

引き落とし口座に指定できない場合がある

現在、いくつかのネット銀行では引き落とし口座として指定することができない場合があります。このような場合については一般的な銀行に口座を持つ必要があります。

直接銀行員と話をして確認することができない

お金のことなどわからないことで銀行員と話をしたいと思ったときに、ネット銀行の場合は確認することができません。ただ電話での対応やメールでの質問も受け付けてくれるところも多いため一度利用しているネット銀行のホームページを見ていただければと思います。

メリットとデメリットを良く理解してネット銀行を利用しましょう

ネット銀行は手軽に利用でき、手数料も節約することが可能ですがデメリットもあります。

使うときはデメリットも考えて利用してみましょう。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。