2019J1 第32節 コンサドーレ札幌戦

2019J1 第32節 コンサドーレ札幌戦

前節のFC東京戦、試合的には完全に支配していたのですが結局はPKで取られた1点で負けてしまいました。

第31節を終わってプレーオフの16位になるためにはすべて勝ち続けるしかなくなりました。また1度でも負けてしまうとJ2になってしまいます。

本日の相手はコンサドーレ札幌戦。アウエーでここ数年は勝っていませんが残留のためには必ず勝利をしなければなりません。

J1に残るためにも、今回は勝利を期待しています。

今回はDAZNで観戦

今回はDAZNでの観戦です。

札幌までは遠いこともあり勝利を信じての観戦です。

2019J1第32節ジュビロ磐田のスタメン

今回のスタメンは以下の通り

スタメンは前節と変わらず、控えについてはカミンスキー選手、大久保選手がベンチ外となりました。また田口選手や川又選手がベンチに入りました。

試合内容について

今回のダイジェスト版は以下の通り

試合終了直前の荒木選手のPKで劇的な勝利を上げました。

まとめ

前半の途中で先取点を取ることができ、後半ギリギリまで1対0でのリードでした。

ただ終了直前で同点に追いつかれてしまい、残留争いのライバルである湘南がリードしているという絶体絶命の状況。

このままではJ2に降格してしまう状況の中で荒木選手がPKを獲得してゴールを決めてくれました。

荒木選手はJ1初得点、このまま勝利を手に入れることができました。また湘南も試合終了直前に失点をして同点で試合が終わったために勝ち点差は4まで縮まりました。

次節はホームにて名古屋グランパス戦です。今年はホームで1勝しかできていませんし、名古屋グランパスとの相性についてもとても悪いです。

ただ、次回も勝たなければならない試合であることは変わりありません。勝利を信じて応援したいと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーで家族は妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

また、J リーグが始まる前からのサッカー好きでジュビロ磐田のサポーターとして2019年シーズンはリーグ戦ホームゲームをすべて観戦しました。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2018年についに投資の収入がサラリーマンの収入を超えました。