2019J1 第34節  ヴィッセル神戸戦

2019J1 第34節  ヴィッセル神戸戦

前節の名古屋グランパス戦、勝利したのですが湘南の勝利によりJ2降格が決まったジュビロ磐田。

降格確実と言われていたところから33節までなんとか残留争いができたことについてはフベロ監督のおかげだと思います。

本日の相手はヴィッセル神戸。ビジャ選手が今季限りの引退と言うことで多くの方が注目する試合です。

ジュビロについても来年1年でJ1に復帰できるように最終節をしっかりと戦ってほしいと思います。

今回はDAZNで観戦

今回はDAZNでの観戦です。神戸のスタジアムには一度いってみたいとおもっていますが遠いこともありなかなかいけません。

2019J1第34節ジュビロ磐田のスタメン

今回のスタメンは以下の通り

今季初めてエベシリオ選手がスタメンとなりましました。

試合内容について

今回のダイジェスト版は以下の通り

今回はヴィッセル神戸に完全にやられてしまいました。

まとめ

J1最終戦でしたが完敗でした。

前半は完全に神戸のペースでしたが、後半同点に追いつくなど途中までは見ごたえのある試合でした。

ただ2点目をPKで点を取られたあとは攻めに行ってしまったことがあり、大量失点につながってしまったのではないのかと思います。

J1最終戦を勝利で終わりたかったのですが負けてしまい今季はJ1最下位となってしまいました。

もともと今季のはじめは補強も少なく、補強した選手もあまり活躍できずけが人も多くとうまく行かなかったシーズンでした。

来季はJ2となりますが、フベロ監督の継続も決まったこともあり1年でのJ1復帰を期待したいです。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーで家族は妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

また、J リーグが始まる前からのサッカー好きでジュビロ磐田のサポーターとして2019年シーズンはリーグ戦ホームゲームをすべて観戦しました。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2018年についに投資の収入がサラリーマンの収入を超えました。