30日で人生を変える「続ける」習慣By古川武士

  • Feedly

習慣化は大切であるということはわかっている。
しかし、どのように習慣化していけばよいのかというのは実際やってみないとわからない。
私自身もいろいろなことを習慣化させようと思ってやっているのだが、途中で挫折してしまうことも多い。
今回は「続ける」習慣についてどのようにすればよいかについて本を読んでみた。

続ける習慣とは

一言に習慣化と言っても、どのくらい続けば習慣化できるかということについてはいろいろな説があります。
この本の著者である古川さんによれば、続けたいと思う習慣の種類によって異なるということだそうです。
著者によると習慣というものには3つの種類があり、

  1. 行動習慣
  2. 身体習慣
  3. 思考習慣

の3種類がある。1の行動習慣は日々の日課や行動習慣を意味しており、勉強、日記、片付け等の習慣を指します。
こちらの習慣化は1ヶ月を必要とするそうです。
2の身体習慣は体のリズムに関わる習慣で、ダイエット、運動、早起き等の習慣を指します。
こちらの習慣化は3ヶ月を必要とするそうです。
3の思考習慣は思考・正確に関わる習慣で、論理的思考力、発想力、ポジティブ思考等を指します。
こちらの習慣化は6ヶ月を必要とするそうです。

この本では主に1の行動習慣を中心に取り扱っています。

行動習慣を身につけるためには

行動習慣をつけるためにも3つの関門があり、挫折を未然に防ぐには3つの原則があるそうです。

  1. 一つの習慣に絞る【同時にいくつもやらない】
  2. 有効な1つの行動に絞り込む【行動ルールを複雑にしない】
  3. 結果より行動に集中する【結果にこだわりすぎない】

上記のことを参考にして習慣を一つに絞り習慣化していくことが大切であるということを理解しました。

まとめ

私をはじめ多くの人が習慣化をしたいことを持っていると思います。
習慣化したいことの優先順位を決めて、一つづつ習慣化していくことが大切と思いました。
そのためには優先順位を決めて習慣化をしていくことが大切であることも理解しました。

何か習慣化をしたい方についてはこちらの本を読むことをおすすめします。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします