Parallels Desktop 11 for Mac の導入を考える

私は自宅ではMacを使っているのですが、会社ではWindowsを使っています。
私以外でもこのような方が多いと思います。このような方におすすめなソフトがParallels Desktopです。
私も毎年バージョンアップしているのですが、今年から新しい試みが始まりました。

Parallels Desktop Pro Edition の登場

今回、新登場したPro Edition の特徴はサブスクリプション化です。年間契約で通常は10,000円となっています。
Ofiice365やAdobeのCreative Cloudなどもサブスクリプション化が進んでいるためこれだけではそれほど驚くことはないと思います。
機能の比較は以下のとおりです。

 

Parallels Desktop 11 for Mac へのアップグレード 50 速くなりました

 

今回びっくりなことは

今回びっくりするところは今まで使っていたユーザーに対して手厚い特典があるということです。
(携帯の業界とは違いますね。)
新しいPro Edition と今までのバージョンが同じ値段で利用できるということまた、年間契約が5,300円となっていますが、価格改定がない限り5,300円/年で利用できるということがすごいことです。

今回はPro Editionで契約の予定です

現在私の利用しているMac miniがOSのアップデートにより調子が悪いのですが、安定したら導入しようと考えています。ただ期間限定ということですので早めに申し込みを行うつもりです。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします