Mac mini 2012で11acを使う WI-U3-866D導入

今回は家で利用しているMacminiの通信環境を改善しようと思い、バッファローのWI-U3-866Dを購入しましたのでブログに書きたいと思います。

Macmini 2012は11nまでしか対応していない

私の現在使っているMacmini2012は無線規格で11nまでしか対応していません。現在自宅でNTT光を利用しています。親機は1階に有り2階にMacminiがある状態です。

普段インターネットを使っているときはあまり遅くは感じないのですが、せっかく家の親機が11ac対応ということで少しでも環境を良くしようと思いWI-U3-866Dを購入しました。

WI-U3-866Dを開封

今回は購入して早速接続して試してみました。

▲開封して入っているものの中身です

▲WI-U3-866D本体です。

▲WI-U3-866D本体とSDカードを並べて写真を取ってみました。

実際使ってみたところ

大きさはあまり大きくなく、置くところにも困らないサイズでした。パッケージにはMacOS10.11(El Capitan)まで対応となっていますが、現在MacOS10.12(Sierra)で利用しています。一度つながるようになれば問題ないのですが、スリープからの復帰で繋がらなくなるなど問題もあります。

ただ、実際に取り付けて使ってみると内蔵の無線LANでは5Mbpsだったのが、WI-U3-866Dを使うことにより通信速度が30Mbpsに上がっており、動画視聴でも体感できたのは購入して良かった点と思います。

2020年5月現在はバッファローのHPにドライバーがあり、最新OSまで対応しているようです。

後継機種も登場しています

また後継機種としてWI-U3-866DSも登場しています。こちらに紹介しているWI-U3-866Dとの違いは以下のとおりです。

  • 実効速度が改善している 475Mbps ⇒ 491Mbps
  • IEEE802.11acに正式対応

2020年5月時点では後継機のWI-U3-866DSを購入をおすすめします。

created by Rinker
バッファロー
¥3,491 (2020/09/30 05:42:38時点 Amazon調べ-詳細)

更新履歴

2017年1月15日 オリジナルコンテンツ投稿

2020年5月21日 内容を加筆、修正

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーで家族は妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

また、J リーグが始まる前からのサッカー好きでジュビロ磐田のサポーターとして2019年シーズンはリーグ戦ホームゲームをすべて観戦しました。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2018年についに投資の収入がサラリーマンの収入を超えました。