AirMac Extreme2台利用して一軒家全体でWifiを使えるようにする方法

一軒家に住んでいて、自宅の隅々までWifiが届くよう、AirMac Extremeを購入しました。

自宅の2階でWifiが時々切れる事があった

普段は自宅1階でiPadやiPhoneをWifiにつなげて利用しており、快適だったのですが、2階で利用したときにはWifiが時々切れてしまい4Gでつながってしまうことに気づきました。

Macminiでも前回のブログで記載したのですが、Wifiの機器を11acに変更しましたがスピードの変化が感じられないことも有り疑問に思っていました。

実際調べてみるとWifiの電波が弱く、うまく電波が届いていないようでしたのでこちらを解決するために中継点を購入しようと考えました。

現在自宅ではAirMac Time Capsule – 2TBを利用していることもあり、今回は中継点として簡単に設定できるAirMacExtremeを購入しました。

AirMac Exterme 開封の儀


▲開封注意です。うまく開けないと落としてしまいます。

▲裏面です。シールが張ってあります。

中継点として登録の手順

今回はいろいろなHPを参照にしながら中継点として登録してみました。
登録はAirMacユーティリティから開始します
スクリーンショット 2017 01 20 11 17 20
▲現在1台がインターネットにつながっている状態です。こちらを拡張していきたいと思います
スクリーンショット 2017 01 20 11 17 44
▲その他のWi-Fiデバイスの中に今回購入したAirMacExtremeがあります。こちらを選択します
スクリーンショット 2017 01 20 11 18 34
▲検出されましたので名前を変えずこのまま次へを選択
スクリーンショット 2017 01 20 11 18 46
▲これは好きな方を選択で良いと思います。

▲最終的に中継点となると上記のとおりになります。

2階でも無事Wifiがつながるようになった

今までと違い2階でもWi-Fiの感度がよくなり、iPhoneやiPadが高速で通信できるようになりました。
また家庭内Lanのデータやり取りについても電波が強くなったこともあり安定してスピードが出るようになったと感じることができました。
2階でもモバイル端末をWi-Fiを利用して通信をできるようになってとても良い投資ができたと思います。
家の大きい方でインターネットの電波が弱いと悩んでいる方は中継点の設定はいかがでしょうか。

広告

この記事を書いた人

ツヨポン

残業続きの毎日で定年まで働き続けると考えると嫌になってブログを始める。

ブログを書き始めてから多くのブロガーと出会い新しい価値観を知ることができました。10年間働いていた会社をやめ、今は転職をして時間に余裕を持ちながら好きなことをして暮らしています。

読者の方に楽しんでいただけるようなブログにしていきたいです。