Duet Displayを利用してiPadをサブディスプレイにする

今回は以前購入したのですが、今まで利用していなかったDuet displayを利用してみたのでブログに書きたいと思います。

Duet Displayとは

Duet displayとはiPadをMacやWindowsとケーブルで結ぶことにより外付けディスプレーとして利用できるようにするアプリです。

こちらを利用することによりブログを書きながらもう一つの画面で他の情報が見れるようになり生産性が上がるというアプリです。

ただ、iPadを持っているのならばわざわざ繋げなくても別々に利用すればよいのではないかという意見もあるかと思います。これについては一度利用すればわかると思うのですが、動作を一つのキーボードやマウスで完結できるというメリットはとても大きく、作業が効率化できます。

導入方法について

導入方法については以下の通りとなります。私の場合はMacを利用していますので、Macを利用する方向けの説明となります。(多分Windowsでも大きくは変わらないと思います。)

まずはDuet Displayのアプリを購入します。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

購入後にiPadでアプリを開きます。

IMG 0158

▲次へを押します

IMG 0159

▲アップデートを取得後次へをクリック

IMG 0160

▲メールアドレスを登録します

IMG 0161

▲これでiPad側の作業は終わりです。

IMG 0162

▲その後はMac側の手続きです。

 

 

スクリーンショット 2017 07 16 07 03 39

▲Mac側でインストールしたところです。開始をクリック

スクリーンショット 2017 07 16 07 03 53

▲ライセンス利用条件に同意をしますに印を入れたあと認証してインストールをクリック

スクリーンショット 2017 07 16 07 04 17

▲インストールされたらMacを再起動します。

導入後について

私の場合は、iPad Pro 9.7インチで利用しています。しばらく利用して見たのですが、特に不便なく利用できています。

Youtubeを見るのに使ってみたのですが、マウスだけではなく画面をタッチしても解像度の変更ができました。今後はiPad Proをサブディスプレーとして家の中でも外でも活用していこうと思っています。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします