MacでSkypeがつながらない〜接続が弱すぎますと出る原因はESATのセキュリティソフトの設定だった

最近レアジョブで英会話を再開しました。

基本的にはレッスンルーム対応の先生で今まで授業を受けてきたのですが、たまたまSkypeだけの先生にあたったときに事件が起きました。

Skypeが利用できない

今回起こった原因は、私の利用しているMacでSkypeが利用できないというトラブルでした。

Skypeの通話テストでもうまくつながらなかったため、当然実際のレッスンでも講師とつながらない。

結局は手元にあったiPhoneで対応したのですが、やっぱりMacで英会話をやりたいと言う気持ちが強く原因を探しました。

接続が弱すぎますとメッセージがでた

レッスンが終了したあと確認をしてみると接続が弱すぎますというメッセージにヒントが有るのではないかということがわかりました。

いろいろと調べてみるとセキュリティーソフトが原因のようであるということが明らかになりました。

私が利用しているセキュリティーソフトはESET製のものでこちらが原因でした。

実際の対応方法

実際の対応方法については以下のブログとESETのページを参考にさせていただきました。

やることとしてはファイアーウォールを無効化して手動で設定をするというものです。

私も実際にやってみたのですが、コツとしてはSkype以外のソフトをすべて終了することでした。

無事設定完了しました

上記のブログとESETのページを参考に無事Skypeが利用できるようになりました。

これでレアジョブをやるにも困らないぞ・・・

英語が話せるようになるまで今後もSkypeを利用させてもらいます。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします