iPadのバックアップは大切だった〜iPadは使用できません―iTunesに接続と出た時思ったこと

Padが使えなくなったと小5娘が言ってきた。どうせいつも言うように充電切れかと思ってみてみたら少し異なっていた。

iPadのバックアップは大切だった〜iPadは使用できません―iTunesに接続と出た時思ったこと

iPadは使用できません―iTunesに接続という画面が出た

今回娘のiPadを見てみると「iPhoneは使用できません―iTunesに接続」という文字が出ていたため何も考えずにMacに接続してみた。

実際接続しても何も起こらなかったので、googleさんに確認してみるとこの現象はパスワードを10回間違えたときに表示されるものらしい。詳しく確認してみるとこの状態になったときはデータを取り出すことはAppleでもできないらしい。

パスワードを忘れたのか娘に聞いたところ、未就学児の弟が何度もパスワードを適当にうったためになったらしいとのこと。

とりあえずAppleのページを見てパスコードを削除

とりあえずは以下のAppleのページをみて復元を実施。

iPhone、iPad、iPod touch のパスコードを忘れた場合や、デバイスを使用できないというメッセージが表示された場合 – Apple サポート

私自身バックアップをとった記憶がないためデータはすべて消えるかもと娘に伝える。娘は悲しそうな顔をしていたがこれしか方法がないため実施。

実はバックアップを設定してあった

初期状態に直したあと再セットアップを開始。そこでicloudにバックアップがないか確認してみると、バックアップデータを発見。パックアップデータを利用して無事元通りになりました。

まとめ

今回はWi-Fi経由でicloudにバックアップを保存してあり助かりました。普段は自分や家族のiphoneやiPadをあまりバックアップをとっていない状態でした。

今回のことがあってバックアップの大切さを知りました。あわせてicloudの契約も200GBの契約にして私も含めて家族3人5台の端末をicloud経由でバックアップするようにしました。

予期せぬ出来事が起こったときのためにバックアップはしっかりできるようにしておきましょう。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします