ソニー銀行について 新しく銀行口座を作ろうと思っている方におすすめです

普段使っている銀行で不満のある方向けにインターネット銀行で私が利用しているオススメの銀行を紹介いたします。

今回はソニー銀行を紹介させていただきます。

ソニー銀行とは

ソニー銀行とは名前の通りソニーが出資して2001年に設立されたネット銀行です。

ソニー銀行の特徴としては他のネット銀行が決済手数料の収益を柱とした低コスト運営を基本として考えていたのですが、ソニー銀行は個人の資産管理をするために設立された銀行ということです。

オリコン顧客満足度2018年に顧客満足度第1位に選出された銀行です。

ソニー銀行のメリットは

個人の資産形成を行うために設立された銀行ということで他のネット銀行といろいろと差別化されています。

その中で私がメリットと思っているものをいくつか上げてみます

おまかせ入金サービス

メリットとして大きいものの一つとしてはおまかせ入金サービスがあります。

このサービスは毎月指定した金額を他の銀行からソニー銀行にお金を移動させることができるサービスです。

通常は他の銀行からの振込の場合手数料を取られるのですが、このサービスは手数料無料で利用できるところがすごいところとおもいます。

移動する金額については10000円以上、1000円単位で設定できます。

このサービスを利用することによって普段の生活口座とは別にお金をためる口座ができあがります。

月1000円から始めることができる積立定期預金

ソニー銀行の優れていると思う点は毎月1000円から積立定期預金ができるところです。

お金をためていこうと思う人でどうしても元本保証をしてほしいと考える方もいると思います。そのような方にとって毎月決まった金額でお金を積立できる機能は魅力的ではないかと思います。

毎月は少額であっても続けていくことによって大きな金額になっていくため、このようなサービスがあることはありがたいです。

ATM引き出し手数料が無条件で月4回まで無料

他のネット銀行もATM引き出し手数料無料を行っていますが、大体条件がついているものが多いです。

ソニー銀行については無条件で月4回まで無料で引き出しをすることができます。使うことのできるATMもセブン銀行やローソン銀行、Enet等のコンビニATMや三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行等大手銀行のATMまで利用できます。

普段利用する分については月4回も下ろすことができれば十分ではないかと思います。

Sony Bank WALLETが最強すぎる

ソニー銀行の特徴として忘れてはいけないものとしてはSony Bank WALLETがあります。

Sony Bank WALLETとはデビットカードです。こちらのメリットとしては、ソニー銀行の外貨預金口座から手数料無料で決済ができることです。

海外によく行く方についてはとてもメリットの大きいカードではないかと思います。外貨への両替レートも空港の銀行よりも安くとても使いサービスではないかと思います。

当然日本国内でも利用することができ、還元率も通常は0.5%です。ソニー銀行には会員ステージがあり還元率が最大2.0%にできます。

ソニー銀行のデメリットは

ソニー銀行のメリットは上記のようにたくさんありますが、デメリットについても書かせていただきます。

預金金利は高くはない

預金金利についてですが、通常の普通預金については一般的な銀行とあまり差がありません。

先程書いた積立定期預金についても金利目当てでなく、確実にお金を貯めることができるということ利用してください。

おすすめの利用法

おすすめの利用方法としては、数年後確実に利用するてあろうお金(保険の年払いや税金、子供の学費等)を積立定期預金を利用してためていく口座として利用することが良いと思います。

また、海外によく行く方については、外貨預金を利用した上で決済口座として利用することがオススメの使い方となります。

まとめ

今回はソニー銀行についてブログで書いてみました。

通常給与が入ってくる口座と別の口座を持ちたいと思ったとき、一番最初に作成したほうが良い口座ではないかと思います。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーのサラリーマンで妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2020年までにファイナンシャルフリーを達成するために活動中です。