iMac全面にカードリーダ付きのUSBハブを増設してみた

iMacを使って今年で4年目になるが、速度的にも問題なく快適に利用できています。

5Kディスプレイはとても美しく作業面積も広いため何をやるにしても快適に利用できています。

動画編集をときどき実施しているが、私の使い方ではストレスを感じることは特にありません。

iMacにおいてたった一つ欠点をあげるとすると、USBがモニターの背面にありとても使いづらいということでした。

実際にUSBを使うごとにモニターを動かし利用しなければならないことに対してはかなりの不満でした。

今回はこの不満を解消するために新しくUSBポートを増設してみました。

iMacの前面にポートを拡張してみる

今回購入したのはこちらの商品です。

本当はSatechiの商品が欲しかったのですが、どこを探しても品切れで手に入らなかったためこちらの商品を購入して見ました。

▲本当は欲しかったもの

こちらの商品はiMacの前面にはめ込み固定することによってもともとついていたかのように正面に拡張ポートが増設されます。

増設されるポートは以下のものとなります。

  • – USBタイプC ポート×1 (データ転送のみ)
  • – SDスロット×1、TFスロット×1
  • – USB 3.0 ポート (SD/TFと同時読み書き可能)

実際に接続してみた写真が下にありますがなかなかiMacに似合っているのではないかと思います。

実際にUSBやカードリーダーが使えるかについても確認しましたが無事にアクセスすることができました。

いままで背面に手を伸ばさなければ使えなかった拡張ポートを正面から使えるようになったことで作業効率が改善されました。

見た目もスッキリとして気に入っています。

気になる点について

良いところだけでなく気になる点についても少し書いてみたいと思います。

USBを抜き差しするときにモニターを持って動かさないとならないことがあり、少し不便に感じてしまうことがあります。

まとめ

多少気になる点もありましたが、今までモニターを動かしてUSBポートやカードリーダーにアクセスしなければならなかったことを考えるととても便利になりました。

iMacでUSBポートやカードリーダーをよく使う方には見た目もスッキリとしていてアクセスも便利になることでおすすめできるものと思います。

広告

この記事を書いた人

ツヨポン

残業続きの毎日で定年まで働き続けると考えると嫌になってブログを始める。

ブログを書き始めてから多くのブロガーと出会い新しい価値観を知ることができました。10年間働いていた会社をやめ、今は転職をして時間に余裕を持ちながら好きなことをして暮らしています。

読者の方に楽しんでいただけるようなブログにしていきたいです。