少額から始める高配当株投資〜SBIネオモバイル証券がおすすめです

以前口座開設をしたSBIネオモバイル証券ですが、現在高配当株投資をするために利用しています。

もともとはTポイントを活用するために開設した口座でしたが、今回は高配当株投資にも活用しようと思っています。

高配当株とは

配当利回り(1当たり配当金÷株価)の高い株式を指します。2021年5月時点で銀行の普通預金は年平均0.001%の利息しかつきません。今回投資する高配当株とは年平均3%以上の配当金が出る株のことを指しています。

なぜSBIネオモバイル証券を利用して高配当株投資を始めるのが良いかについて、その他注意点について書いていきたいと思います。

このページを読んでわかること

  • 少額から高配当株投資を始める方法がわかります。
  • 少額日本株投資をするのになぜSBIネオモバイル証券を使えばよいかわかります。
  • 高配当株投資を行うにあたっての注意点がわかります。

高配当株をやってみたいと思っても何から始めればよいか悩んている方についてブロクを書いていきたいと思います。

SBIネオモバイル証券を使う理由

SBIネオモバイル証券を利用する理由については以下の3つとなります

高配当株を1株から投資できる

通常株式投資をするためには1単元ごとにしか購入できません。多くの銘柄は100株を1単元としているため購入時に多くの金額を必要とします。

例を上げると、ユニクロなどを運営するファーストリテイリング(2021年5月6日時点 1株あたり89,710円)を購入しようとすると、1単元は100株と決められているため、手数料を含んで約900万円の資金が必要となります。

SBIネオモバイル証券の場合は1株から購入可能のため、約9万円でファーストリテイリングの株を購入することが可能です。

このように少額から投資が可能となります。

50万円までなら、取引手数料が実質無料

通常は株を取引するときは1取引につき所定の手数料がかかります。

SBIネオモバイル証券の場合は、月額220円の手数料を支払うことによって月間50万円までの取引に手数料がかからなくなります。

少額からの投資を始める場合には月50万円を超えることはほとんどないと思いますので、実質無料と考えられることができると思います。

Tポイントで投資が可能

SBIネオモバイル証券の場合、毎月の手数料が220円かかる代わりにTポイントを200ポイントもらうことができます。

このTポイントで株を購入することも可能です。

その他いろいろなところで貯めることができるTポイントを使って株を購入することが可能となります。このためまず投資をはじめてみようという方には最適ではないかと思います。

高配当投資を実施するにあたっての注意点

株価が下がるリスクが有る

高配当株投資だけではないのですが、投資する上での注意点として株価は変動するということを理解してください。

購入したときよりも値上がりする可能性もあれば値下がりするリスクもあります。

最近ではコロナショックのときに大きく値下がりしました。

ある程度余裕資金での投資をおすすめいたします。

配当金額が下がるリスクがある。

株価と同じで配当も企業の業績によって金額が下がるリスクがあります。

株を購入する前にはその会社が将来的にも利益を出し続けることができるのかを考えて購入しましょう。

一つの銘柄に集中投資しない

こちらも投資するときにはよく言われている話です。

単一の株に集中投資をした場合には上記のような株価が下がったり、値下がりしたときのリスクが大きくなります。

安定運用のためにはできるだけ多くの銘柄に投資するようにしましょう。

まとめ

簡単ですがSBIネオモバイル証券を使って始める高配当株投資について書いてみました。

初めての投資をしてみたいと思った方、少額からの投資を始めたいと思っている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

興味を持った方は以下のリンクより口座開設ができます。

広告

この記事を書いた人

ツヨポン

残業続きの毎日で定年まで働き続けると考えると嫌になってブログを始める。

ブログを書き始めてから多くのブロガーと出会い新しい価値観を知ることができました。10年間働いていた会社をやめ、今は転職をして時間に余裕を持ちながら好きなことをして暮らしています。

読者の方に楽しんでいただけるようなブログにしていきたいです。