動画編集に挑戦 Macで始める動画編集

以前にMiniDVで動画を取り込む手順についてブログに書いたのですがなかなか取り込んだ動画を編集するところまで行きませんでした。

今の世の中はYoutubeが大人気で動画編集をしたいと言う人も増えていると聞いています。

私自身も以前取り込んだ子供の動画を編集してみたいと思っていました。

今回は以前から気になっていた動画編集をやってみようと思い立ち、実際に動画編集に挑戦してみました。

動画編集に必要なソフト探し

実際に動画編集を始めるにあたり、動画編集については編集ソフトが必要になります。

私の場合はMacを使っているため、今回はMacで利用できる動画編集ソフトについていくつか探してみました。

iMovie

Macの場合は購入したときに無料でついてくるiMovieがあります。

iPhone版もあり、動画編集をとりあえず初めて見るには使ってみる価値はあるのではないかと思います。

Final Cut Pro

Appleで出している有料のソフトです。iMovieの多機能版でYoutuberでも利用している人が多いソフトです。

Appleが作っているためMacに最適化されています。またiMovieと操作性が似ていることもあってiMovieを使ってもっといろいろなことをやってみたいと思ったときに適したソフトではないかと思います。

Premiere Pro

Adobeで出している有料ソフトです。上の2つのソフトと操作性が異なることはもちろんですが、一番の違いはこのソフトはWindowsでもMacでも使えることです。

当然WindowsでもMacでも利用できるということでシェア的にも一番大きいソフトではないのかと思います。

実際にプロの方にも使われており、使い方を学ぶにあたっても学ぶ媒体が豊富です。

またFinal Cut Proとの違いはFinal Cut Proは買い切り型で一度購入したらずっと使うことができるのに対して、Premiere Proはサブスクリプションとなっており、使っている限り毎月費用がかかります。

その他にもMacで使える動画ソフトはいくつかあるようでしたが、今回は上記3つの中でどれを使おうか検討をしてみました。

iMovie以外のソフトについてはお試し版があったため、実際に利用して見るのが一番と思い3つのソフトを使い比べてみました。

実際に選んだソフトは

3つのソフトを使ってみた結果、Premiere Proを使うことにしました。

費用的にはiMovieが無料でいいのですが、やはり有料ソフトと比較すると機能が少ないということで今回は見送りに。

残ったFinal Cut ProとPremiere Proについては自分で使って比較してみた結果、Premiere Proのほうが使いやすいと感じたため、今回はPremiere Proを使うことにしました。

毎月のサブスクリプションということで費用的には一番高いのですが、今回はクリエイティブクラウドというPremiere Pro以外のアドビソフトを使うことができるプランにすることでPhotoshopなども使えるようになったので必要経費と考えています。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥65,760 (2020/09/25 03:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

Premiere Proを契約してしばらく使ってみました。

AdobeのページやYoutubeでもPremiere Proの使い方があったので動画を編集しながら勉強中です。

実際に以前取り込んだ子供の動画を編集してみましたが思ったよりも簡単にできました。

少し余裕ができたらYoutubeにも挑戦してみたいと思っています。

広告

この記事を書いた人

サトエヴォ

サトエヴォ

アラフォーで家族は妻と子供2人の4人暮らしです。

iPhone3Gを購入してからアップル製品にはまりパソコンもMacを使うようになりました。現在はApple製品に囲まれた生活を送っています。

また、J リーグが始まる前からのサッカー好きでジュビロ磐田のサポーターとして2019年シーズンはリーグ戦ホームゲームをすべて観戦しました。

サラリーマン投資家としても活動していて、インデックス投資と外貨投資を行っています。2018年についに投資の収入がサラリーマンの収入を超えました。