Apple Watch を2台持ち運用してみた。これで充電切れも心配なし!

本サイトにはプロモーションが含まれています

Apple Watchを持っている人は多いと思います。2023年4月現在は8代目が発売されていることもあり、古い機種から買い替えをした方もいると思います。

私自身はApple Watch6を使い続けているのですか、以前に購入したApple Watch4をどのように活用しようか考えてみた結果2台持ちで運用しています。

買い換えた後に古いApple watchをどのようにしようか考えている方に2台持ちをおすすめします。

個人的に感じたApple watch2台持ちのメリットとデメリットを書いてみました。なおご存じのの方も多いかもしれないですが、Apple Watch単体では設定を行ったり、単独で使用をすることができません。

Apple Watchを利用したい方は、iPhoneが必要となりますのでこの点は覚えておきましょう。

目次

見出し

2台持ちにするメリット

  • バッテリー切れを回避できる
  • 用途によって使い分けができる

バッテリー切れを回避できる

1番のメリットとしては、バッテリー切れを回避できることではないかと思います。

Apple Watchを利用している方はわかると思いますが、通常の使い方では1日から2日程度のバッテリー持ちのため、毎日充電が必要となります。

充電の習慣がある方は良いのですか、毎日充電することはなかなかハードルが高いことではないかと思います。

2台持ちとなれば常に片方のApple Watchは充電していることとなるため、利用したい時に充電が切れるということは起こりません。

通常のApple Watchのバッテリー持ちで不満の方や1台にまとめたい方はApple Watch Ultraシリーズがお勧めですがかなり大きいため好みがあると思います。

用途によって使い分けができる

もう一点のメリットとしては用途によって使い分けができるということです。

私の場合は、自宅用と外出用に分けて利用しています。

自宅での利用について特に活用しているのことは睡眠のログをとることと、電話の着信についてです。

睡眠時間のログを取ることで睡眠の質を上げることを意識しています。

2台持ちにするデメリット

  • 2台分のコストがかかる
  • 使い分けが面倒くさい

2台分のコストがかかる

デメリットとしてですが、2台を使い分けることになるのでApple Watchが2台必要となります。

私の場合は新しいApple Watchを購入して古いものをサブで利用しているためデメリットとしては感じていないですか、新たに購入する方についてはデメリットになるのではなるのではないかと思います。

使い分けが面倒くさい

Apple Watchだけではなく他のガジェット(パソコンやスマホ等)でも同じことが言えますが2台を用途別に分けて使うこと自体面倒に感じる方がいるかもしれません。

1つのデバイスに全ての役割を与えたいという方にはデメリットに感じるかもしれないです。

まとめ

今回はApple Watch2台持ちのメリットとデメリットについて書いてみました。

買い替え等で手元にApple Watchが2台ある方については試してみる価値はあると思います。

個人的にはApple Watchの1番の弱点と思われるパッテリー持ち改善ができる点でもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次